自分の肌を信じる!?やりすぎないスキンケア?

No Comments

私は3才からアトピー性皮膚炎で、敏感肌です。

そのため肌に関しては小さいころから悩みでした。

すぐに赤くなったり乾燥して皮がめくれたり…

今20代後半になって、いろんなスキンケア方法(化粧水を何度も重ね付けする、化粧水・美容オイル・乳液・クリームでしっかりスキンケア、毎日パック、など…)をしてみた結果、「自分の肌と対話して、今の肌に合わせたスキンケアをする」ということに行き着きました。

食べるものや、季節、体調によって人は日々変化しています。

それなのに毎日同じスキンケアでは肌が疲れてしまいます。

なので、まずは起きて顔を洗ったあとや、お風呂上がり、今の肌の状態を手のひらで触って確かめます。

乾燥してるなと思う時は、全体的に乾燥しているのか?一部だけ乾燥が気になるのか?しっかり見てあげます。

さらに、乾燥して敏感になっているのか…単純に水分が足りていないのか…によっても変わります。

水分が足りていないのなら、足りていないところに化粧水をたっぷり染み込ませる。

水分不足でさらに敏感になっているなら、あえて化粧水を薄く塗るだけにして、あとは体の中から水分が行き渡るよう、白湯で水分補給をする。

最初は肌の状態がわかっても何をすればいいのか?わからないかもしれませんが、毎日自分の肌を見て、いろいろチャレンジをしてみる。

自分の肌に聞く。

だんだんと何が自分にとって心地よいのかわかってきて、自分にあったスキンケアを見つけることができます!

肌の悩みはいろいろありますが、何よりも自分自身と毎日向き合って、丁寧に扱うことが大切だなと思います。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>HADARI(はだり)は口コミをチェックしてみるとよいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です