一棟ごと不動産投資をするポイント|利益がグッとあがる

一棟と区分マンション

マンション

違いを理解して購入

一棟マンションを購入する方法がマンション経営をするときには一般的でしたが、区分マンションを利用することもよく行われるようになりました。マンション経営をするときにはどちらを購入するかを判断してから取り組むことが重要になっています。一棟マンションは購入価格が高くなりますが、部屋数が多いことから収入額も大きくなると期待できます。経営方法も自由に選ぶことができ、サブリースをして業者にマンション経営をしてもらうことも、自分で全ての賃貸管理業務を行うこともできるでしょう。マンション本体の管理も重要な仕事になり、普段から清掃などを行うことに加えて外壁塗装や屋根塗装、耐震工事なども行っていくことが経営上必要になります。区分マンションの場合には一部屋分の購入費用で済むことから安く購入できるのが魅力です。マンション経営の方法は通常はマンション全体の管理会社が担うことからサブリース契約になることが多いでしょう。サブリースでない場合にも全般的な業務を委託して行うのが一般的です。マンション自体の管理も管理会社が行ってくれるため、修繕などに必要になる費用を提供するだけで済みます。マンション経営の選択肢は少ないですが、あまり負担をかけずに経営を行えるのは区分マンションの特徴です。ただし、空室になったときの収入についての懸念を持つ必要があり、空室保証などがないと収入が途絶えるリスクがあることは覚えておきましょう。