一棟ごと不動産投資をするポイント|利益がグッとあがる

賃貸契約をスムーズに結ぶ

マネー

貸主と借主の安心のために

家賃債務保証とは、賃貸契約を結ぶ際に入居希望者が借りやすくするための制度です。借主に連帯保証人が見つからない時は保証会社が連帯保証人の役割を担ってくれます。これにより、借主は連帯保証人がいなくても希望の物件を借りやすくなり、貸主は安心して入居希望者に物件を貸しやすくなるのです。家賃債務保証を利用するには、保証委託料が必要になります。保証会社によって料金の支払い方は異なり、契約時に所定の金額を収める方法や、入居期間だけ毎月一定額を支払う方法などがあります。また、保証会社によっては連帯保証人を立てることで保証委託料が減額される制度もあります。日本に在住している外国人や生活保護受給者でも、家賃債務保証を申請することができます。そして、万が一家賃を滞納した場合には、家賃債務保証を請け負う保証会社から文書が郵送されるか、電話で家賃を支払うように連絡があります。そのまま連絡を無視して一定期間滞納してしまうと強制的に退去させられることもあります。そして、実際に保証会社に家賃債務保証の申請をすると、審査が開始されます。審査が通ったら賃貸契約と別個に契約することになります。このように、借り手にも様々なメリットがありますが、実は貸し手側にもメリットがあるのです。前述の通り、家賃滞納の際の対応も行なってくれますし、審査基準が明確になっているので、質の高い入居者の確保が可能になります。物件を貸りる場合も、貸す場合も、家賃債務保証を利用して、入居契約をスムーズに行いましょう。